「か行」のFX用語一覧

5・10日

たとえば、石油会社が石油を輸入した場合、その取引先に対し、契約時に取り決めた決済日にドルを支払うことになります。一般には5・10日の区切りがつく日が決済日になることが多く、そのため、5・10日には決済用のドルが不足することがあります。こうした場合、「5・10日要因により、ドル買い需要が多い」などといわれたりします。

キウィ

キーウィ - Kiwiとは
ニュージーランドドルの別称。

キャリー・トレード

キャリートレードとは
低金利通貨を売って、高金利通貨を運用する手法の総称。
外国為替証拠金取引(FX取引)に限ったことではなく、外国債券・投信・外貨預金、その他外国通貨での運用商品を総称して広義の意味で使われています。

クロスレート

クロスレートとは

ある国から見た他の2通貨間の為替相場の事。為替相場は、たいていの場合、米ドルを基準通貨として対米ドルで表示しているが、これを基準相場と呼んでいる。2つの基準相場から、基準相場にはない為替レートを算出することができる。例えば、ドルと円、ドルとユーロの2つの相場が成立している場合は、この2つの為替相場からユーロと円の相場を計算できる。このように計算された為替相場をクロス・レートと言う。


クロス取引

クロス取引 とは
主に移動平均線や2本以上のラインで構成されるオシレーターの、俗に言うゴールデンクロス(GC)やデッドクロス(DC)手法の総称のこと。
クロスオーバー方式というと、GCで買いサイン、DCで売りサイン、という意味になる。移動平均線の売買判断に使われるケースが多く、ストキャスティクスなどのモメンタムでも使われることがある。

グランビルの法則

グランビルの法則とは
テクニカル分析の一つで、為替レートと移動平均線によって売買のタイミングを判断する方法のこと。
為替レートから移動平均線が大幅に乖離したときしたときは売買のチャンスだが、「高くなりすぎている」または「安くなりすぎている」ということも意味する。

ケーブル

ケーブルとは
英ポンドの別称。英ポンドと米ドルの交換レートのことを指す場合もある。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロス - Golden Crossとは
短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜けることで買いサインと考えられることが多い。
しかし、期間の取り方によっては、クロスする時期と実際の値動きにズレが生じるため、だましとなることもある。

介入

介入とは
政府や通貨当局が替市場に介入して、為替市場の動きに影響を与えること。

公示レート

公示レートとは

東京市場の銀行で対顧客取引の基準となるレート。仲値(TTM)。



 

1 2