「さ行」のFX用語一覧

サポートライン

サポートラインとは

テクニカル分析用語でレジスタンス(抵抗線)の逆の意味。その値段に達すると買い注文が出てくるであろうという水準。相場の支持線。


ショート(ショートポジション)

ショート(ショートポジション)とは

売りポジションのまま維持した状態。


スクエア

スクエアとは
売りと買いのポジションをゼロにすること。

ストップ注文

ストップ注文とは

指値注文の1つ。逆指値注文と同じ意味で使用される。提示されている仕切値から保有するポジションに対し不利な特定レートで決済しようとするとき、あらかじめそのレートとロット数を入力しておく注文。たとえば買い持ちのポジションに設定するストップ注文は「売り」のストップ注文になる。ポジションを決定したあと、ポジションのリスク管理をする上で「ストップ注文」を設定しておくと、損失が想定内でおさめられる。


スプレッド

スプレッドとは
外国為替証拠金取引(FX取引)における「2ウェイプライス」における「買値」と「売値」の開きのこと。
スプレッドは通貨ペアごとに取引業者が個別に設定しています。
スプレッドは狭い方が、取引する上で有利であると言えます。

スリッページ

スリッページとは
外国為替証拠金取引(FX取引)において、逆指値注文が成立した際に、発注価格と成立価格とに生じた開きのこと。
通常時は価格通りの約定となりますが、市場が何らかの理由で大きく変動した場合は、スリッページが発生しやすくなります。

スワップポイント

スワップポイントとは
外国為替証拠金取引(FX取引)において、取引する通貨間の金利差のこと。
「金利の安い通貨を売り、金利を高い通貨を買うこと」で、決済するまで祝日、休日を含め毎日スワップポイントを受け取ることができる。逆に「金利の高い通貨を売り、金利の低い通貨を買う」とスワップポイントを支払うことになる。外国為替証拠金取引(FX取引)においても中長期の投資戦略としてスワップポイントに着眼し、高金利通貨を中長期に渡り保有する取引が行われています。

ゼロサム

ゼロサムとは
一方が利益を得たならもう一方は同じだけの損をし、全体としてはプラスマイナスゼロになることをいう。このようなシステムを、ゲーム理論で「ゼロサムゲーム」と呼ぶ。「ゼロ和」ともいう。複数の人が相互に影響しあう状況において、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況で、競馬などのギャンブル、外国為替取引などが該当する。勝った(収益を得た)人間がいれば必ず負けた(損益を出した)人間がいるわけである。

下値

下値とは
現在の株価よりも値段が安いこと。

指値

指値とは
売買する指定の値段。希望価格を指定して注文を出すこと。買い注文であれば指値以下、売り注文であれば指値以上での約定となる。

 

1 2